ブログ・ソーラーネット

ブログやるならJUGEM
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 砂漠のドライブ350k | main | Tadjou村落の街灯 >>
外仕事
残念な事に、私は冒険旅行に行った訳ではないので,休んで入られません。残された滞在期間は,19日まで。2/16、早々に,仕事をはじめます。と言っても,先陣の4人,川上さん(この日は,私との入れ替わりの形で帰途に)、森君、武田草ちゃん、水生君、がすでにきちんと形をつくり上げてくれていましたから,私はただ,最後の形を決めるだけです。手作り太陽電池は,草ちゃんと水生君がほぼ完璧に12人の女性たちへ、太陽電池の組立て方を伝えていました。私の出る幕はありません。他方,13人の男性陣,街灯を中心とした外仕事は,一人,森君が取り仕切っています。言葉も通じない中,暑さの中で,大変だったでしょう。ご苦労様です。私は,外仕事のお手伝い。
まずは,事務所の上に固定されずにあった太陽電池の固定です。これはすぐに諦めました。事務所は,中に断熱材の入ったパネルを組んだプレハブです。屋根への固定方法はありません。屋根の上から眺めると,資材を送った梱包材木が放置されたまま。それを使って木製架台を作り,事務所の前に取付けました。
この日,ついに、街灯が点灯しました。歓声を聞かせたかったです。この写真は2/22に乗せてあります。私も嬉しかったですが,森ちゃんの胸中やいかに,ですね。
17日は,充電ビジネス。これも,梱包資材でBoys(男性陣をこう呼んでいました。ちなみに女性たちはgirls)たちに作ってもらいました。完成するとすぐに,携帯の充電器が5個口のコンセントを占領。実はこのシステムこの3倍の15台の携帯をつないでも大丈夫として,設計してあります。女性組合の良い仕事になりますね。
  ***私が帰国する前の23日に,開業のセレモニーが行なわれたとの事。嬉しいです。



18日は,街灯のバッテリーとコントローラーを収納するBOXの検討でした。はじめは首都のンジャメナから運ぶ予定でしたが,ティシの市場で川上氏が、一斗缶と思われる鉄板をたたいて作る鍵つきのBOXを発見していました。これをベースに形を決めました。雨と,熱の逃がしに気を使います。私が深夜,寝ながら考えたアイデアですが,Boysたちが何やら討議をはじめます。自分たちのアイデアで,もっと違うかたちで模型を作ると言う。全てに対して,熱心で,積極的です。嬉しいですね。
模型を作製している写真です。



この模型を元にして、バッテリーBOXをオーダーしました。

翌19日木曜日,本来ならば週に一日の休み。市場の立つ日です。私としては,どうしても市場ブラをしたいのですが,ないても笑っても,今日だけ。女性センターの街灯にティシのbpys達とboxを取付けました。南部のboysたちは,彼らの希望により手作り太陽電池の講習です。



手作り太陽電池の完成写真です。

市場に出かけられたのは,14時頃。ちらほら片付けが始まっていました。私の実家のある町には、400年前からの路上市場がありますが,雰囲気は,それと同じ。他の店舗が無いこの地の方が、ずっと大きく,華やいではいますが。



同行していた井田氏,真っ先に駱駝肉の店へ。



これを後で料理してもらいました。私も,お相伴にあずかる事が出来ました。固めの牛肉に似ていました。

この夜は,お別れパーティー。テーブルの両側には男性陣。テーブル席が切れたところにござが敷かれ,女性陣。本来,この事業は女性のためのものなのに,と、違和感。文化の違いを肌で感じた一コマでした。
最後に,卒業証書をてにした主役の女性たちの正装です。



テーマは,持続させる事。
では,取りあえず、チャドを離れます。


 
| 未電化地域支援 | 14:23 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP